• 守田裕也

四十肩・五十肩について(五十肩とは!?)


今日は日常生活も普通に送れなくなる四十肩、五十肩についてお伝えしていこうと思います。

急に肩が痛くなり病院、整骨院で四十肩、五十肩と言われた。でも一向に良くならない!!という方はかなり多いのではないでしょうか?

そもそも五十肩って何!?

五十肩とは通称で正式には「肩関節周囲炎」といわれ、肩関節周囲の筋肉や関節包に炎症がおこる疾患です。

40代~60代にかけて発症しやすく、エプロンの紐が結べない、肩を挙げると痛い、重たい物が持てない、ひどい方になると夜間痛くて眠れないなどかなり日常生活に支障が出てきます。

最近では30代の方もこのような症状に悩まされる事も少なくないようです。

そしてこの五十肩は経過とともに症状が変化するのが特徴的です。

急性期→痛みがかなり強い。肩の動きもだんだん悪くなってくる。

拘縮期→痛みが徐々に落ち着いてくる。肩の動きがかなり悪くなってくる。

回復期→痛みがかなり落ち着いてくる。肩の動きもかなり良くなってくる。

このように五十肩は一般的に3つの病期に分類されます。

そして症状の似ている石灰化沈着炎や腱板断裂といった整形外科での診察をうけたほうがいい場合もあります。

症状は人によって様々で五十肩を治すにはしっかりとした診断と時期に応じた治療がかなり大切になってきますし、リハビリをしっかりしないと拘縮が残り肩の動きが悪いままなんてこともよくあります。

ではではなぜ五十肩になるの!?と思いの方も多いと思いますが次回のブログで書いていこうと思いますのでお楽しみに(^^)/

#整骨院

114回の閲覧